[ヴィンテージ]Orange / 1973年製 OR80 Head "Pics & Text"

247,500円(税22,500円)

購入数

1970’s Orangeを代表するORの80Wモデルとなる"Pics & Text"期の1973年製OR80。

1970年代Orangeアンプのフラッグシップモデルと言えるOR120と同じアウトプットトランスを使用し、EL34 2本の駆動による80W出力となるOR80の1973年製モデルとなります。

Orangeアンプはレコーディングスタジオ兼楽器店としてオリジナルアンプを製作するべくオーナーのクリフォード・クーパーが1968年にMATAMPのマット・マティアスに製作を依頼し当時のギタリストのニーズに応えた高出力且つクリフォードがデザインし今でも変わらないポップなカラーリングのルックスを持ったOrange MatampのOR100が完成し、その後数度のマイナーチェンジを行い、より時代にマッチしたさらにハイパワー且つハイゲインとなるOR120へと進化していきます。

こちらの個体はコントロールをグラフィックのみで表記した初期の"Pics Only"からグラフィック下に文字が入れられた"Pics & Text"期の仕様となり、コントロールはトーンバリエーションをセレクトする "Frequency Adjustment Control"の略と言われるF.A.C.にBass、Trebleのイコライザー、プレゼンス的機能を持つHF. DRIVEにボリュームとなるGAINのシンプルな構成ながら全体の音色を決めるF.A.C.と各ツマミがゲインと連動した構造により好みのトーンへのセッティングが一般的なアンプよりも難しく感じられますが、セッティングがしっかりと決まるとオレンジアンプらしいレンジの広さからくる厚みのある中低域と1音1音が太くクリアで音像の大きい極上のブリティッシュサウンドを堪能できます。

当店入荷後オールメンテナスを行い、各部点検及び電源ケーブル交換、一部配線修正を行っていますので安心してご使用いただける状態となっており、黄金期のオレンジサウンドを味わえるブりティッシュロックには欠かせない1台です。


シリアルナンバー:10960 (cab 4481)
サイズ:W545 x H257 x D240 mm
重量:22.2kg
付属品:3芯-2芯変換プラグ
中古保証:3か月